交通事故を船橋の弁護士に相談

交通事故に遭うのは初めてで、今後どうすれば良いかわからない・・・」

「慰謝料や示談金をできるだけ増額したい!」

「事故の後遺症で仕事ができないので、将来の補償をしっかりと請求したい!」

「保険会社から提示された示談金に納得できない」

交通事故に遭われた多くの方がこんなお悩みをお持ちです。

このような悩みは全て弁護士が扱う法律問題です!

交通事故案件を得意とする船橋シーアクトの弁護士にご相談ください。

弁護士に依頼する3つの大きなメリット

交通事故を船橋シーアクトの弁護士に依頼すると、大きな3つのメリットがあります。

1 示談金・慰謝料を増額します!

交通事故の慰謝料には3つの基準があります。

➀自賠責基準、②任意保険会社基準、③弁護士基準(裁判所基準・赤い本基準ともいいます)。

➀自賠責基準が最も低額で、③弁護士基準が最も高額になります。

弁護士に依頼した場合には、③弁護士基準で示談交渉します。

そのため、ほとんどの場合、慰謝料の金額が増額できます。

2 後遺障害等級の適正な認定をサポートします!

交通事故による骨折・むちうち・頭部外傷などにより、後遺症が残ってしまう場合があります。

この際、適切な検査を受けて資料を集めた上で申請をしないと、後遺障害が認められなかったり、低い等級になってしまったりする場合が少なくありません。

そうすると、慰謝料や逸失利益の金額が低くなってしまうのです。

後遺障害に詳しい弁護士に依頼すれば、示談交渉だけでなく等級認定のサポートも受けられます。

3 保険会社との交渉を全て弁護士が代行します!

保険会社に治療費や慰謝料を払ってもらうためには、保険会社の担当者と何度もやりとりを繰り返さなければなりません。

ただでさえ、いきなり事故にあって苦痛を感じているときに、保険会社との交渉は精神的に大きな負担となります。

また、保険会社から、不当な治療費打切り、不利な過失割合、低額な慰謝料の提示などの不当な主張をされることも多いです。

弁護士に依頼すれば、保険会社の言いなりにならず、やりとりを全て弁護士に任せられます。

デメリットやリスクはある?

交通事故を弁護士に依頼するデメリットやリスクについて知りたい方はこちら

相談のベストタイミングとは~相談と依頼の違い~

「交通事故に遭ったら、どのタイミングで弁護士に相談するのがいいの?」

交通事故に遭うと次のような流れになります。

①事故対応→②治療継続→③症状固定(治療終了)→④後遺障害等級認定→⑤示談交渉

交通事故の被害者が適切な最大限の賠償を得るためには、事故直後から、①~⑤の段階に応じた適切な対応をする必要があります。

ケースによっては、治療終了後や示談直前では手遅れになることもあります。

早い段階でご相談いただければ、①事故直後、②治療中、③症状固定時期、④後遺障害等級の申請時期、⑤示談交渉のすべての段階で、それぞれの時期に応じた適切なアドバイスができます。弁護士がお客様を継続的にサポートすることができるんです。

しかも弁護士費用は、⑤示談直前にご依頼いただく場合も、①事故直後にご依頼いただく場合も変わりません。

示談直前より後遺障害申請前に、症状固定時より治療中に、もっといえば事故直後に、とにかく早く相談するのがおすすめです。

なので、弁護士に相談できると気づいた時点が、常に相談するベストタイミングです!

当事務所では、事故直後でも無料相談を実施しておりますので、事故にあったらお早めのご相談をおすすめいたします。

ただし、ご依頼については、相談と違いベストタイミングはケースバイケースです。

弁護士によるアドバイスを踏まえて、ご依頼の適切な時期をご検討ください。

交通事故を弁護士に相談・依頼するタイミングについて詳しくはこちら

交通事故の相談は船橋シーアクトへお任せ下さい!

船橋シーアクト法律事務所は、千葉県・船橋駅南口徒歩8分の所(船橋市役所のすぐ近くです)にある弁護士事務所です。

交通事故を得意とする弁護士が、慰謝料増額、後遺症問題、治療費打ち切り、過失割合など交通事故に関する様々なご相談を多数お受けしております。

船橋シーアクトの交通事故相談の3つの特徴

当事務所の交通事故相談の特徴を紹介します。

1 交通事故を得意とする経験豊富な弁護士が対応

当事務所の代表弁護士は、弁護士になって以来、交通事故被害者の救済に力を入れており、常に数十件の交通事故案件を抱えておりました。

むちうちや骨折等の良くある怪我から、高次脳機能障害等の重症案件まで、さまざまな後遺障害案件の解決実績がございます。

賠償金額も、数万円の小さな事故から、数億円の重度後遺症の事故まで取扱経験がございます。

また、示談交渉だけでなく、交通事故の裁判も多数取り扱った経験があります。

当事務所の弁護士の交通事故解決実績はこちら

2 交通事故被害者のご相談は完全無料

交通事故のご相談では、単に慰謝料や過失割合の問題だけではありません。

後遺症が残るような怪我の場合には、様々な医学上の問題点や、予測される後遺障害の等級、保険会社がしてくるであろう反論の予測等様々な検討が必要になります。

そのため、30分では終わらないことも多く、また、それぞれの段階で継続的に相談したいという方も多いため、相談を何度でも時間無制限の完全無料としております。

無料相談についてはこちら

3 交通事故案件は着手金無料で損をしない完全成功報酬型

弁護士費用特約がない方は、弁護士費用を払うことによって損をしないような料金体系にいたしました。

着手金は無料で、成功報酬も回収した賠償金の中からいただく形になります。最悪のケースでも、賠償金額以上に弁護士費用がかかることはありません。

また、保険会社からの事前提示がある場合には、増額分以上の弁護士費用がかかることもありません。

お客様の声・評判

1 当事務所に依頼した理由・決めては何ですか?

友人の紹介。事故に強いと聞いていた。

2 弁護士の対応はどうでしたか?

小さな事でも、丁寧にわかりやすく説明してくれました。

3 実際に解決したときのご感想は?

相手側がかなり強気で対応してきたので、かなり心配でしたが、こちらの条件をのんでくれたので、とてもうれしかったです。

4 最後に、弁護士へのメッセージをお願いします!

まだ痛みがひどく、毎日の様に病院が良いですが、払われたお金で治療が出来ているので、助かっています。先生には大変感謝しています。又何かありましたら、よろしくお願いいたします。

その他多数のお客様の声はこちら

交通事故相談の流れ

船橋シーアクトの交通事故相談の流れはこちら

安心の費用・料金について

当事務所の交通事故の費用・料金は、明確に定めています。

基本的にお客様の持ち出しが出ないようなプランになっています。

弁護士費用特約がない場合

相談料 何度でも無料
着手金 無料
報酬金 20万円+回収した金額の10%(税別)

※交通事故の被害者でけがをされた方の料金体系です。交通事故の加害者や物損のみの場合は別の料金体系となります。相手方が任意保険無保険の場合も別の料金体系となります。

※保険会社より事前提示がある場合には、増額分の半分を弁護士費用合計額の上限とする損しない特約がございます。

※訴訟を提起する場合には、報酬金を10~20万円(税別)加算いたします。

弁護士費用を払っても交通事故を弁護士に頼んだ方が良い理由

弁護士費用特約がある場合

相談料 お客様のご負担なし
着手金 原則としてお客様のご負担なし
報酬金 原則としてお客様のご負担なし

※弁護士費用は全て弁護士費用特約に加入している保険会社にお支払いいただきますので、特約の上限額の範囲内ではお客様の負担は一切ございません。

※重度の後遺症が残り損害賠償額が数千万円と多額になる場合には、弁護士費用が特約の上限額(通常300万円)を超えることもありますが、その場合は事前に費用体系についてご説明いたします。

弁護士費用特約の利用が可能です

交通事故のご相談・ご依頼の双方について弁護士費用特約の利用が可能です。

弁護士費用特約は、通常300万円までの弁護士費用を保険会社が負担してくれます。

そのため、弁護士費用特約に入っている場合には、ほとんどのケースで、弁護士費用の負担なく、実質タダで弁護士に依頼することができます。

当事務所は、お客様がご加入の弁護士費用特約の基準に従って弁護士費用を算定いたしますので、300万円の範囲内であれば、差額をお客様が負担するということはありません。

なお、重度後遺症が残存し、示談金が高額になるケースでは、弁護士費用が弁護士費用特約の上限額を超える場合もございますが、その場合は、事前にご説明させていただきます。

シーアクトの交通事故の解決実績

船橋シーアクトの多数の解決実績の内の一部をご紹介します。

親指の靱帯損傷の怪我を負った女性について、裁判で賠償金が約1450万円増額した事例

相談内容

バイクでの走行中、右折してきた自転車と衝突し転倒する事故に遭ったご依頼者様。

この事故により親指の人対を破損。指が曲がりにくくなり後遺障害10級7号の認定を受けました。

保険会社より示談金の提示が来たため、金額が妥当なのかご相談に来られました。

解決結果

まず、示談金の提示額と裁判基準を比較したところ、提示額が明らかに低額であると発覚しました。

保険会社に交渉を行ったところ、ご依頼者様が職場へ復帰されていることを理由にして「後遺障害逸失利益を一切認めない」と主張。

何度か交渉を行っても主張は変わらず、ご依頼者様の希望により裁判を行うことになりました。

裁判でも相手の主張は変わらず、カルテなどの医療記録から親指の可動域制限について後遺障害診断書と異なる記載を指摘し「そもそも後遺障害がない」と主張をしてきました。

弁護士は、依頼者の主治医に後遺障害の再検査を依頼、意見書を作成してもらうなどの対応の末、添いの結果を裁判所に提出しました。

また、後遺障害が残存していることについての医学上の主張を行ったことなどから後遺障害を認める方向へと流れを変えることができました。

裁判中、こちらの主張に沿う形で和解が成立。

保険会社の事前提示額である約495万円から、約1445万円の増額に成功しました。

その他の交通事故解決実績はこちら

事故発生から示談・賠償金受け取りまでの流れ

交通事故が発生してから示談・賠償金を受け取るまでの流れは、次の図の通りです。

交通事故解決の流れ

被害者が請求できる損害項目

交通事故の被害者が請求できる損害項目には、被害の状況によって様々です。

治療費と慰謝料だけが請求できる場合もあれば、請求項目が10種類以上になる場合もあります。

一つの項目でも漏れてしまうと示談金額が減少してしまうことになるので、弁護士に相談し漏れのない様にしましょう。

交通事故で請求できる損害項目について詳しくはこちら

交通事故のお悩みランキング

交通事故のお悩みをランキング形式で紹介します。

これらのお悩みは弁護士に相談・依頼することにより、解決することができます。

交通事故全般について

  • 1位 交通事故に合うのは初めてなので今後どのような流れになるのか知りたい。
  • 2位 まだ治療中なのに保険会社から治療費を打ち切るとの連絡が来た。
  • 3位 今回の事故で健康保険、労災保険や自分の加入する保険が使えるのか知りたい。
  • 4位 保険会社とのやりとりがストレスになって苦痛だ。
  • 5位 事故の怪我で家事ができなくなったのでその分を補償してほしい。
  • 6位 保険会社の主張する過失割合に納得がいかない。

慰謝料について

  • 1位 今回の怪我の慰謝料の相場を知りたい。
  • 2位 保険会社から示談金の提案が来たが納得できない。
  • 3位 慰謝料をできる限り増額したい。

後遺症について

  • 1位 後遺障害認定のサポートを受けたい。
  • 2位 事故でむちうちになってしまったので適正な賠償を受けたい。
  • 3位 事故で骨折したところの痛みが治らない、関節が曲がらなくなってしまった。
  • 4位 家族が事故にあってから性格が変わってしまった。

よくある弁護士への質問ランキング

交通事故問題で、弁護士がよく質問されることを紹介します。

1位 Q:交通事故にあった後弁護士に相談するタイミングはいつがよいですか?

A:弁護士に相談するのに早いに越したことはありません。

交通事故被害は弁護士に相談することができると知った時点で直ぐにご相談ください。

当事務所では事故直後から示談直前までいずれの段階でのご相談も受け付けております。

2位 Q:症状固定とは何ですか?

A:症状固定とはこれ以上治療を続けても改善が見られない状態になったことをいいます。

原則として症状固定以降の治療費や休業補償は請求できず、それ以降は後遺症が残るかどうかの話になります。

症状固定になったけれども後遺症が残った場合には後遺障害等級認定の申請を行うことになります。

なお、症状固定時期は保険会社に勝手に決められるものではありません。症状固定とするかどうか迷われたら直ぐに弁護士にご相談ください。

3位 Q: 弁護士に頼むと裁判になってしまうのですか?

A:弁護士を依頼しても裁判になる訳ではありません。

裁判は時間がかかるのでできる限り早期解決を目指して示談交渉をします。

そして、示談交渉の結果にお客様が納得できず裁判を希望された場合に初めて裁判をすることになります。

弁護士が勝手に裁判にすることは一切ありませんのでご安心ください。

4位 Q:むちうちで後遺障害が認められるのですか?

A:むちうちは交通事故による怪我の中では比較的軽傷の部類に入ります。

ただし、むちうちでもその症状の程度等によっては後遺障害等級が認定される場合があります。

その場合、14級か12級が認定されますが、後遺障害が認定されると慰謝料や示談金額が大幅に上がります。

交通事故に詳しい弁護士に相談すると、様々な事情からむちうちで後遺障害が認められるかどうかの予測をすることができますので、ぜひご相談ください。

5位 Q:専業主婦も休業補償が認められるのですか?

A:症状の程度によって認められることが多いです。

実際に、むちうちや骨折により家事の全部または一部ができなくなったり、支障が出ていたりする場合には、その程度に応じて休業補償を請求することができます。

また、兼業主婦の場合も、主婦としての休業補償を請求した方が金額が高額な場合もありますので、弁護士に相談してみてください。

6位 Q:弁護士費用特約って何ですか?

A:弁護士費用特約は、ご自身やご家族の自動車保険、火災保険等に付帯している特約で、交通事故の被害にあったときに弁護士に依頼するための弁護士費用を保険会社が代わりに払ってくれるものになります。

この特約が使えれば、弁護士費用の負担をすることなく弁護士に依頼できますので、ぜひ事前に自分やご家族の加入している保険会社へお問い合わせください。

船橋周辺で交通事故問題にお悩みの方へ

交通事故の被害にあってしまうと、治療費のこと、休業補償のこと、将来の仕事への影響のこと、後遺症の補償、など様々な不安や問題があると思います。

そんなとき相手の保険会社の担当者の言っていることが正しいのかどうかを判断するのは簡単ではありません。

最近はインターネット上にも交通事故の問題点について様々な解説がなされていますが、実はケースバイケースで大きく異なることが多く、これを全て鵜呑みにすることもできません。

交通事故にあったら、交通事故被害者に力を入れている弁護士に相談することによって、多くの悩みが解決したり、賠償金の金額を増やしたりすることができます。

船橋市周辺で、交通事故の被害に合われた方は、交通事故に強い船橋シーアクト法律事務所の弁護士へお気軽にご相談ください。

当事務所の交通事故相談専門サイトは下記をクリックしてください。

弁護士による交通事故相談専門サイト

 

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

原則として、お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

アクセス

船橋駅南口徒歩8分
京成船橋駅徒歩7分
〒273-0005
千葉県船橋市本町
2-6-13
船橋クレールビル301
主なお客様対応エリア
船橋市周辺エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス