交通事故の後遺障害一覧(14級~1級)

交通事故の後遺障害一覧、慰謝料、労働能力喪失率は以下のとおりです。

下記に記載した労働能力喪失率は、あくまで等級表上の喪失率であり、実際の喪失率はこれとは異なる場合もあります。

なお、下記記載の自賠責基準の慰謝料は令和2年4月1日以降に発生した事故に適用されます。同日より前に発生した交通事故については、一部慰謝料の金額が異なる部分がありますのでご注意ください。

14級の後遺障害

 

14級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 2. 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 3. 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 4. 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 5. 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 6. 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  • 7. 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  • 8. 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
  • 9. 局部に神経症状を残すもの

14級の慰謝料

 

自賠責保険基準

32万円

弁護士基準

110万円

14級の労働能力喪失率(等級表)

5%

14級のよくある後遺障害

頚椎捻挫・腰椎捻挫・むちうちによる痛み・しびれ等の神経症状

骨折後の骨折周辺部の痛み

13級の後遺障害

 

13級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼の視力が0.6以下になったもの
  • 2. 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 3. 1眼に半盲症,視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 4. 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 5. 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 6. 1手のこ指の用を廃したもの
  • 7. 1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
  • 8. 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
  • 9. 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
  • 10. 1足の第2の足指の用を廃したもの,第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
  • 11. 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

13級の慰謝料

 

自賠責保険基準

57万円

弁護士基準

180万円

13級の労働能力喪失率(等級表)

9%

13級のよくある後遺障害

視力低下、足の短縮

12級の後遺障害

 

12級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 2. 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 3. 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 4. 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 5. 鎖骨,胸骨,ろく骨,けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  • 6. 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 7. 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 8. 長管骨に変形を残すもの
  • 9. 一手のこ指を失ったもの
  • 10. 1手のひとさし指,なか指又はくすり指の用を廃したもの
  • 11. 1足の第2の足指を失ったもの,第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  • 12. 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
  • 13. 局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14. 外貌に醜状を残すもの

12級の慰謝料

 

自賠責保険基準

32万円

弁護士基準

290万円

12級の労働能力喪失率(等級表)

14%

12級のよくある後遺障害

骨折部の不正癒合を伴う痛み等の神経症状

骨折周辺部関節の可動域制限

顔の傷跡

脳損傷による味覚・嗅覚異常

11級の後遺障害

 

11級

後遺障害の内容

  • 1. 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 2. 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 3. 1 眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 4. 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 5. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 6. 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 7. 脊柱に変形を残すもの
  • 8. 1手のひとさし指,なか指又はくすり指を失ったもの
  • 9. 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
  • 10. 胸腹部臓器の機能に障害を残し,労務の遂行に相当な程度の支障があるもの

11級の慰謝料

 

自賠責保険基準

94万円

弁護士基準

420万円

11級の労働能力喪失率(等級表)

20%

11級のよくある後遺障害

圧迫骨折

10級の後遺障害

 

10級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼の視力が0.1以下になったもの
  • 2. 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 3. 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  • 4. 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 5. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 6. 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 7. 1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
  • 8. 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • 9. 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  • 10. 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 11. 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

10級の慰謝料

 

自賠責保険基準

190万円

弁護士基準

550万円

10級の労働能力喪失率(等級表)

27%

10級のよくある後遺障害

骨折周辺部関節の可動域制限

視力低下

9級の後遺障害

 

9級

後遺障害の内容

  • 1. 両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 2. 1眼の視力が0.06以下になったもの
  • 3. 両眼に半盲症,視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 4. 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 5. 鼻を欠損し,その機能に著しい障害を残すもの
  • 6. 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  • 7. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 8. 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり,他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 9. 1耳の聴力を全く失ったもの
  • 10. 神経系統の機能又は精神に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 11. 胸腹部臓器の機能に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 12. 1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
  • 13. 1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
  • 14. 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
  • 15. 1足の足指の全部の用を廃したもの
  • 16. 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 17. 生殖器に著しい障害を残すもの

9級の慰謝料

 

自賠責保険基準

249万円

弁護士基準

690万円

9級の労働能力喪失率(等級表)

35%

9級のよくある後遺障害

足指・手指の切断

視力低下

顔の傷跡

8級の後遺障害

 

8級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼が失明し,又は1眼の視力が0.02以下になったもの
  • 2. 脊柱に運動障害を残すもの
  • 3. 1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの
  • 4. 1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
  • 5. 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  • 6. 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 7. 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 8. 1上肢に偽関節を残すもの
  • 9. 1下肢に偽関節を残すもの
  • 10. 1足の足指の全部を失ったもの

8級の慰謝料

 

自賠責保険基準

331万円

弁護士基準

830万円

8級の労働能力喪失率(等級表)

45%

8級のよくある後遺障害

骨折周辺部関節の可動域制限

視力低下

圧迫骨折(8級相当)

7級の後遺障害

 

7級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼が失明し,他眼の視力が0.6以下になったもの
  • 2. 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 3. 1耳の聴力を全く失い,他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 4. 神経系統の機能又は精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 5. 胸腹部臓器の機能に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 6. 1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの
  • 7. 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
  • 8. 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 9. 1上肢に偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの
  • 10. 1下肢に偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの
  • 11. 両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 12. 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 13. 両側の睾丸を失ったもの

7級の慰謝料

 

自賠責保険基準

419万円

弁護士基準

1000万円

7級の労働能力喪失率(等級表)

56%

7級のよくある後遺障害

失明、偽関節

6級の後遺障害

 

6級

後遺障害の内容

  • 1. 両眼の視力が0.1以下になったもの
  • 2. 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 3. 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 4. 1耳の聴力を全く失い,他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 5. 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
  • 6. 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 7. 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 8. 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの

6級の慰謝料

 

自賠責保険基準

512万円

弁護士基準

1180万円

6級の労働能力喪失率(等級表)

67%

6級のよくある後遺障害

 

5級の後遺障害

 

5級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼が失明し,他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 2. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 3. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 4. 1上肢を手関節以上で失ったもの
  • 5. 1下肢を足関節以上で失ったもの
  • 6. 1上肢の用を全廃したもの
  • 7. 1下肢の用を全廃したもの
  • 8. 両足の足指の全部を失ったもの

5級の慰謝料

 

自賠責保険基準

618万円

弁護士基準

1400万円

5級の労働能力喪失率(等級表)

79%

5級のよくある後遺障害

高次脳機能障害

4級の後遺障害

 

4級

後遺障害の内容

  • 1. 両眼の視力が0.06以下になったもの
  • 2. 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 3. 両耳の聴力を全く失ったもの
  • 4. 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 5. 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 6. 両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 7. 両足をリスフラン関節以上で失ったもの

4級の慰謝料

 

自賠責保険基準

737万円

弁護士基準

1670万円

4級の労働能力喪失率(等級表)

92%

4級のよくある後遺障害

腕・脚の切断

3級の後遺障害

 

3級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼が失明し,他眼の視力が0.06以下になったもの
  • 2. 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
  • 3. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの
  • 4. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの
  • 5. 両手の手指の全部を失ったもの

3級の慰謝料

 

自賠責保険基準

861万円

弁護士基準

1990万円

3級の労働能力喪失率(等級表)

100%

3級のよくある後遺障害

高次脳機能障害

2級の後遺障害

 

14級

後遺障害の内容

  • 1. 1眼が失明し,他眼の視力が0.02以下になったもの
  • 2. 両眼の視力が0.02以下になったもの
  • 3. 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 4. 両下肢を足関節以上で失ったもの

2級の慰謝料

 

自賠責保険基準

998万円

弁護士基準

2370万円

2級の労働能力喪失率(等級表)

100%

2級のよくある後遺障害

高次脳機能障害

1級の後遺障害

 

1級

後遺障害の内容

  • 1. 両眼が失明したもの
  • 2. 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  • 3. 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 4. 両上肢の用を全廃したもの
  • 5. 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 6. 両下肢の用を全廃したもの

1級の慰謝料

 

自賠責保険基準

1150万円

弁護士基準

2800万円

1級の労働能力喪失率(等級表)

100%

1級のよくある後遺障害

高次脳機能障害

介護を要する2級の後遺障害(別表第1)

2級

後遺障害の内容

  • 1. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
  • 2. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,随時介護を要するもの

2級の慰謝料

自賠責保険基準

1203万円

弁護士基準

2800万円

2級の労働能力喪失率(等級表)

100%

2級のよくある後遺障害

高次脳機能障害

介護を要する1級の後遺障害(別表第1)

 

1級

後遺障害の内容

  • 1. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
  • 2. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,常に介護を要するもの

1級の慰謝料

 

自賠責保険基準

1650万円

弁護士基準

2800万円

1級の労働能力喪失率(等級表)

100%

1級のよくある後遺障害

遷延性意識障害、高次脳機能障害

 

 交通事故相談トップページ 

 

 

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

原則として、お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

アクセス

船橋駅南口徒歩8分
京成船橋駅徒歩7分
〒273-0005
千葉県船橋市本町
2-6-13
船橋クレールビル301
主なお客様対応エリア
船橋市周辺エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス