ラック(LAC)とは何か?弁護士費用特約利用の注意点

弁護士費用特約を利用できるか保険会社に聞くと・・・・

交通事故にあった際に、弁護士特約を利用できるか保険会社に確認の電話をした時に、次のようなことを言われることが増えているようです。

 

「依頼する弁護士にラック(LAC)基準で受けてもらえるか確認して下さい。」

「ラック基準ではない弁護士には依頼できません。」

「ラック基準ではない弁護士に依頼した場合には、お客様の負担が生じます。」

 

場合によっては、「ラック基準」ではなく、「旧日弁連基準(きゅうにちべんれんきじゅん)」と言われることもあるようですが、保険会社の言いたいはどちらも同じです。

ラック(LAC)基準を使わない弁護士には依頼できないのか?

お客様がどの弁護士を選ぶかはお客様自身が決めることなので、ラック基準をつかわずに、独自の弁護士報酬でしか受けてくれない弁護士にも依頼をすることはできます。

保険会社はまれに、「ラック基準でない弁護士には依頼できません。」と言うことがありますが、これは間違いです。

なぜこのようなことを保険会社が言うのかというと、大抵ラック基準よりも独自の報酬基準の方が弁護士費用が高いからです。そうすると、後日弁護士費用を請求した際に、弁護士と保険会社の間でトラブルになってしまうからです。

そして、約款でラック基準と同様の条項を定めている保険会社は、弁護士に対して、ラック基準以上の弁護士費用を支払わないので、弁護士から依頼者に差額分を請求されることになってしまいます。

そうすると、今度は依頼者と弁特の保険会社のとの間のトラブルに発展することもあり、保険会社が嫌がるというのも理由です。

ですから、ラック基準と独自の弁護士基準の差額を支払うことに了承していれば、ラック基準を使わない弁護士に依頼することは何ら問題がないのです。

ラック(LAC)基準を使う弁護士に依頼した方が良い理由

上で説明したように、ラック基準を使わない弁護士に依頼することもできます。

そうはいっても、保険会社の約款にラック基準と同様の規定がある場合に、独自の報酬基準で弁護士に依頼してしまうと、せっかく弁護士費用特約を利用しているのに、弁護士費用を一部負担しなければなってしまいます。

自分がどうしても頼みたい弁護士がラック基準を使わないなどの特別の事情がない限り、最初からラック基準で契約してくれる弁護士に相談した方が良いでしょう。

ラック基準を使う弁護士に依頼すれば、弁護士費用が300万円を超えない限りは、費用を一切負担する必要がなくなります。

なお、ラック基準をとは別の基準を約款に定めている保険会社については、ラック基準で弁護士に依頼する必要はないですが、その約款の基準より高い基準で依頼すると、同じく差額を負担する必要が生じてしまします。

弁護士費用特約を利用するなら当事務所へご相談を

当事務所は、弁護士費用特約をご利用されるお客様については、ラック基準または保険会社の約款に従った基準で弁護士費用を定めております。

ですので、弁護士費用が300万円を超えない通常の案件の場合には、お客様の負担は一切生じませんのでご安心下さい。

 

 交通事故相談トップページ 

 

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

原則として、お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

アクセス

船橋駅南口徒歩8分
京成船橋駅徒歩7分
〒273-0005
千葉県船橋市本町
2-6-13
船橋クレールビル301
主なお客様対応エリア
船橋市周辺エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス