離婚問題を船橋の弁護士に相談

夫が浮気をしている。もう我慢できない。離婚したい」

「長年家庭内別居のような状態で、ただ離婚していないだけだった。もういいかげん新しいスタートを切りたい。」

「毎日モラハラが日常になっている。相手の顔色をうかがいながら過ごすのには疲れた。」

夫婦生活を続けていると、相手に対する様々な不満が生じてきます。

そしてついに、

「離婚をしたい!」

「離婚を切り出された!」

となったときには、感情にまかせて、何も考えずに離婚してしまい後で後悔する方も多いんです。

離婚するにあたっては、お金の問題・子供の問題が複雑に絡み合います。そしてこれは法律問題なんです。

夫婦間の問題だからといって、自分だけで悩むのではなく、弁護士に相談していただければと思います。

離婚したい方・切り出された方のよくある相談

離婚をしたいが、相手に応じる気がない。

・相手に離婚を切り出す前に離婚の流れについて把握したい。

・相手から離婚を切り出されたが理由や条件に納得がいかない。

・本人同士では、冷静に話し合いができないので離婚調停をしたい。

・離婚に関係する手続きが分からないので弁護士の助言がほしい。

財産分与・慰謝料でもめている方のよくある相談

・相手に離婚の慰謝料請求をしたい。

・相手から高額な慰謝料や財産分与を請求されて困っている。

・結婚生活で築いた財産をどう分けるか相談したい。

住宅ローンが残っているので、離婚した後どのようになるか知りたい。

別居中の生活費(婚姻費用)を払ってもらいたい。

親権・養育費・面会交流でお悩みの方のよくある相談

養育費をどのくらいもらえるのか知りたい。また、確実にもらえるにはどうしたらよいか知りたい。

・離婚したが養育費を払ってくれない。養育費を増額したい。養育費を減額したい。

子供の親権をとりたいが、どうなるのか知りたい。

・別居中や離婚後にも子供に会いたいが相手が応じない。

相談するタイミングはいつ?

「離婚問題はどのタイミングで相談すればいいの?」

意見が対立して話し合いがまとまらない場合。

交渉をなるべく有利に進めたいとお考えの方。

「意見が対立していないので弁護士の力は不要なのでは」とお考えの方。

一度弁護士にご相談ください。

お互いの話し合いで協議離婚がうまく行きそうな場合でも、後で後悔しないために弁護士に流れや注意点を確認しておいたほうがよい場合があります。

離婚問題を初期の段階から弁護士に相談することによって、スムーズに新たな人生のスタートを切ることができます。

当事務所では離婚サポートプランという初期の段階から弁護士に相談しながら相手と話し合うプランもございますので、お早目のご相談をおすすめいたします。

離婚問題はお早めに弁護士にご相談ください

弁護士に依頼する4つのメリット

離婚問題を弁護士に依頼すると、次のような様々なメリットがあります。

専門的なアドバイスとサポート

離婚は法律トラブルの中では比較的身近なものであるからか、インターネット上にも多数の情報が掲載されているため、弁護士以外の周りの人に相談に乗ってもらったり、自分でインターネットや本で調べたりする方も多いです。

しかしながら、後悔しない離婚するにあたっては、皆様が思っている以上に法律的専門的な知識が必要です。弁護士による専門的なアドバイスとサポートで後悔しない離婚問題の解決をしましょう。

相手の言いなりになって不利な条件で離婚しない

離婚問題が生じている夫婦間には、その性格の違い、環境や状況によって、多かれ少なかれ上下関係ができていることがめずらしくありません。

そうすると、立場の弱い方は、立場の強い相手の言いなりになって、明らかに不当な条件で離婚をせざるを得なくなってしまいます。

そんな方にこそ、しっかりと自分の主張を戦略的に伝えることができる弁護士がいれば、相手の言いなりになることはありません。

本人同士の交渉によるストレスを軽減できる

離婚問題が生じている場合、相手への怒りや、夫婦関係の悪化、将来の不安等から精神的に強いダメージを受けてしまう方が多く、そのような状況で相手と直接交渉すること自体がストレスとなります。

弁護士に依頼すれば、相手と直接話す必要がなくなり、大きなストレスの原因をなくすことができます。

あなたにとって法的に有利な主張ができる

調停や裁判の経験がない方たちが、離婚問題が生じると、いきなり初めての調停や裁判に対応しないといけなくなります。

調停や・裁判には専門的な知識や戦略が必要な場面が多くあり、弁護士でないと適切なタイミングで効果のある主張をすることができない場合が多いです。

その点、離婚問題を多数扱っている弁護士なら、あなたの主張を適切かつ効果的に、相手方や調停委員、裁判官に伝えることができます。

離婚問題は船橋シーアクトの弁護士にお任せ下さい!

船橋シーアクト法律事務所は、千葉県の船橋駅南口徒歩8分の所にある弁護士事務所です。

離婚全般、離婚とお金の問題(慰謝料・財産分与等)、離婚と子ども(養育費・親権等)の問題に関する様々なご相談を多数お受けしております。

アクセスはこちら

弁護士紹介はこちら

お客様の声・評判はこちら

船橋シーアクトの離婚相談の3つの特徴

当事務所の離婚相談をご紹介します。

1 離婚の初回相談は完全無料

離婚に関しては様々な問題があり、30分の無料相談では話が終わらない可能性が高いです。

そのため当事務所では、じっくり相談できるように、初回相談は完全無料としております。

無料相談について詳しくはこちら

2 平日夜間・土日も相談可能

平日夜間や土日など、仕事帰りや、休みの日、子どもが学校に行っている間にゆっくり相談できます。

当日相談も可能です。

土日・夜間相談についてはこちら

3 離婚案件は着手金の分割払い可能

相手がお金を管理しており、自分で自由に使える手持ちのお金がない場合にも、分割払いで弁護士費用を払うことができます。

離婚でお悩みの方。一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

安心明確な費用・料金

離婚全般に関する弁護士費用について、明確な費用体系を定めておりますので、最終的に弁護士費用がいくらになるかわからないというようなことはありません。

また、従来の法律事務所と異なり、お客様の状況と希望に応じたプランを選択することもできるので、ぜひ他の事務所とご比較ください。

離婚相談

相談料 初回相談:無料
2回目以降:5000円/30分(税込)

離婚サポートプラン

サポート費用 月額3万円(税別)

1ヶ月あたり5時間を目安として、離婚準備中、離婚協議中、離婚調停中の方の継続的なご相談及び書類作成補助をおこないます。
離婚協議や調停は自分でやりたいが、有利に進めるために継続的に弁護士のサポートがほしい方向けのプランです。
代理を依頼するよりも弁護士費用を節約することもできます。

離婚協議代理

着手金 30万円(税別)
報酬金 30万円+獲得または減額できた額の10%(税別)

離婚調停代理

着手金 35万円(税別)
※協議から調停に移行した場合には差額の5万円のみがかかります。
報酬金 35万円+獲得または減額できた額の10%(税別)

離婚訴訟代理

着手金 40万円(税別)
※調停から訴訟へ移行した場合には差額の5万円のみがかかります。
報酬金 40万円+獲得または減額できた額の10%(税別)

費用の詳細はこちら≫

離婚問題の解決事例

当事務所の離婚問題に関する解決事例をご紹介します。

離婚に応じない妻に対して、粘り強く協議をしたところ離婚協議が成立した事例

Bさんは、性格の不一致等により妻と結婚生活を続けることはできないと考え別居を始めるとともに、離婚調停を申したてて、現在調停中だがはなしがまとまらないというご相談でした。

弁護士が依頼を受けたときは、離婚調停は大分進んでおり、Bさんの妻は離婚を頑なに拒んでいたため、離婚調停は不調となりました。

しかしながら、Bさんはどうしても直ぐに離婚したいということで、離婚の協議を継続することにしました。

弁護士がBさんの妻の話を詳細に聞くと条件次第では離婚しても良いという話になりました。

そこで、離婚条件について粘り強く交渉を続け、離婚条件の話し合いもまとまり、BさんとBさんの妻との間で離婚協議が成立しました。

熟年夫婦の妻が離婚裁判で夫の財産を明らかにして多額の財産分与を得た事例

60代の妻であるAさんが、数年間別居しているAさんの夫と離婚したいというご相談でした。

離婚調停を申し立てて、離婚自体には争いはなかったものの、Aさんの夫が預貯金のほとんどを開示しなかったため、財産分与を決めることができず、離婚裁判をすることになりました。

離婚裁判では、調査嘱託という制度を利用し、夫の預貯金を全て開示させることができました。

これにより、Aさんの夫は観念し、多額の預貯金についての財産分与を妻であるAさんに渡して離婚する内容の和解が成立しました。

離婚に至る流れ

離婚に至る流れは次の通りです。

離婚のよくある疑問ランキング・ベスト5

離婚問題について、弁護士がよく相談される疑問ランキングを紹介します。

Q:相手が離婚に応じないのですがどうすればよいですか?

A:相手が離婚に応じない場合は、単に離婚を強要するのではなく、相手が離婚に応じない理由を知ることが重要です。

相手が冷静になれず話し合いができない場合は弁護士を通じて話したり、調停を申し立てたりするのがよいでしょう。

相手が離婚に応じない理由が、やり直したいからなのか、子どもや自身の生活の不安があるからなのか、言いなりになるのが納得できないからなのかを冷静になって話し合いましょう。

その上でどうすれば相手が納得できる方法を提示できるのかが重要です。事前に弁護士に相談して、相手が離婚に応じるような方法を検討するのが良いでしょう。

Q:離婚調停は自分でできますか?弁護士を頼んだ方が良いですか?

A:離婚調停は裁判とは違いあくまで話し合いなので、弁護士を頼まなくてもすることはできます。

ただし、話し合いを有利に進めるためには様々な戦略が必要となったり、調停中に法律上の問題点が出てきたりすることも多いです。

そんなときに弁護士がいないと、こちらに不利な内容で話が進んでしまうことになります。

調停を弁護士に頼まず話が不利に進んでしまい、後になって後悔して相談される方も多いです。

調停を自分でやるか弁護士に頼むかは別として、少なくとも調停の最初の段階で弁護士に相談してアドバイスをもらう方が良いでしょう。

Q:離婚するときに相手からもらえるもの、払わないといけないものは何ですか?

A:離婚するとき問題となるお金の種類は、慰謝料、財産分与、養育費が主なものになります。

慰謝料は、不倫やDVをするなど離婚の原因となる行為を行った方が払う必要があります。

ですので、夫婦互いに落ち度がないが離婚に合意している場合には、慰謝料は双方とも原則として払う必要はありません。

もっとも、相手に離婚を認めてもらうために解決金みたいなものとして慰謝料を支払うことはあります。

財産分与は、離婚時に自分名義の共有財産を多く持っている方が払うことになります。

例えば、妻が自分名義の貯金はほとんどなく、夫が給料等から自分名義の口座に多額の貯金を有している場合は、夫が妻に財産分与として、一部お金を渡すことになります。

養育費は、子どもを引き取らない方が子どもの面倒を見ている方へ支払います。お互いの収入や、子どもの年齢・人数によって養育費がいくらになるか決まります。

Q:離婚のときに決める必要があることは何ですか?

A:夫婦が双方とも離婚に合意していれば、子どもの親権をどちらがとるかさえ決めれば制度上は離婚が可能です。

しかしながら、慰謝料、財産分与、養育費を離婚の後に請求したりされたりすると、非常にもめる可能性が高くなります。

したがって、慰謝料、財産分与、養育費の有無及び金額は必ず離婚と同時に決めるようにしましょう。これは離婚をしたい側、離婚を請求された側双方にとって当てはまります。

Q:離婚届に無理矢理サインさせられてしまいました。どうすればよいですか?

A:今すぐ役所に行って、離婚届の不受理申出という手続きをしてください。

これは役所に備え付けてある離婚届不受理申出という用紙に必要事項を記入して提出するだけの簡単な手続きです。

この手続きをしておけば、相手が勝手に離婚届を出そうとしても受理されることはなく、安心して離婚問題について考えることができます。

ただし、相手が提出する前に手続きをする必要がありますので、弁護士に相談する日を待つことなく直ぐに役所に行って手続きをしてください。

なお、この有効期限は6ヶ月間ですので、6ヶ月以内に離婚問題が解決していない場合には、6ヶ月毎に手続きをする必要があります。

船橋周辺で離婚問題にお悩みの方へ

現代では離婚する人の数は多数に上っており、船橋エリアにお住まいの方も多くの方が離婚問題に悩まれていることかと思います。

当事務所では、離婚問題、慰謝料・財産分与等お金の問題、養育費・親権等の子どもの問題に悩まれている皆様の不安を少しでも解消できるよう、力を尽くしたいと考えております

離婚について、さらに詳しい内容を知りたい方は特設サイトをご覧ください。

 

初回相談は相談無料

船橋の弁護士による離婚相談サイト

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

弁護士相談申込み

047-436-8575

相談受付時間 : 平日9:00〜20:00、土曜10:00〜18:00

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)

面談は完全予約制です。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談(企業向け)

原則として、お電話、メールでの法律相談は受け付けておりません。面談での法律相談をお申込みください。

アクセス

船橋駅南口徒歩8分
京成船橋駅徒歩7分
〒273-0005
千葉県船橋市本町
2-6-13
船橋クレールビル301
主なお客様対応エリア
船橋市周辺エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
当事務所までの交通アクセス