慰謝料の請求・増額サポート|弁護士が慰謝料を増やせる理由

慰謝料請求に弁護士を立てるワケ

事故の被害者は弁護士に頼まなくても、保険会社から慰謝料をもらうことができます。

それなのに、なぜ慰謝料請求にわざわざ弁護士を依頼する人が多いのでしょうか?

結論からいうと、弁護士に依頼すると慰謝料の金額が増えるからです。

弁護士をいれると慰謝料の基準が変わる

弁護士をいれると加害者側の保険会社が支払う慰謝料の基準が変わります。

弁護士をいれない場合は、自賠責保険または任意保険基準で算定された慰謝料が支払われるのみです。

これに対して、弁護士が慰謝料を請求する場合には、弁護士基準・裁判基準・赤い本基準(これら3つは同じものです)と呼ばれる基準で慰謝料が算定されます。

そして、慰謝料は多くの場合、自賠責基準・任意保険基準<裁判基準であるために、弁護士が請求すると慰謝料を増額できることになます。

本来は弁護士基準が正当な慰謝料の金額

裁判基準の慰謝料というのは、その名の通り、裁判になったときに裁判官が決める慰謝料の相場のことです。

弁護士に依頼すると保険会社が裁判基準をベースに慰謝料を支払う理由は、弁護士に依頼した以上、任意保険基準で慰謝料を提示すると裁判を起こされる可能性が高いからです。

このように、弁護士はあくまで裁判所が認めるであろう正当な金額の慰謝料を請求しているのあって、保険会社が提示する基準がむしろ不当に低い金額であるといえます。

ですので、弁護士に依頼して慰謝料を増額することは、正当な金額をもらうためであって、がめついことではありません。

慰謝料の提示があってからでも増額できる

既に保険会社から慰謝料の提示があった後であっても、免責証書や示談書にサインする前であれば、弁護士に依頼して慰謝料を増額することができます。

保険会社から慰謝料の提示があったら、そのまま鵜呑みにすることなく事前に弁護士にご相談下さい。

本当に重要なのは、実は慰謝料以外の項目

ここまで、ずっと慰謝料の話をしてきましたが、これは法律にあまり詳しくない方ですと、慰謝料=賠償金(示談金)と認識している方が多いためです。

ですが、実際には、交通事故の被害者がもらうことができる賠償金には、慰謝料以外のものがあることがあります。

そして、実は慰謝料以外の項目(逸失利益や将来介護費)などの方が、慰謝料の金額よりはるかに高額になり、かつ、弁護士が大きく増額できることがあります。

このように、慰謝料を増額するのは当然として、それ以外の金額を大きく増額できることもありますので、賠償金の請求については弁護士にご相談下さい。

船橋シーアクトの慰謝料請求・増額のサポート

船橋シーアクト法律事務所では、これまで多数の案件で慰謝料の増額を実現してきました。

慰謝料の増額のためにご依頼を受けた案件の中で慰謝料が増額できなかったことは、まずありません。

ただし、被害者の過失が大きい場合は、自賠責基準での保険会社提示額の法が弁護士基準よりも高額になることがあります。このように慰謝料を含め賠償金を増額が全く見込めない案件は、ご依頼をお断りすることになります。

また、慰謝料以外の全ての項目(逸失利益・主婦の休業損害・将来介護費・入院雑費など)について、もれなく増額できる項目を増額請求いたします。

慰謝料を含めた賠償金をどの程度増額できるか、あるいが、例外的に増額できないケースにあたらないかは、ご相談のときに詳しくご説明いたします。

保険会社から提示があった場合でも、あきらめずに、賠償金・慰謝料の増額についてまずは当事務所の弁護士にご相談下さい。

相談料・着手金0円・完全成功報酬制(千葉県全域対応)増額できなければ費用はいただきません!

047-436-8575 平日9:00 - 20:00 土曜 10:00 -18: 00 (日・祝不定休)
メールでの相談はこちら